マイページ | カートを見る | お買い物ガイド | 教材一覧 | お問合せ

2018年04月20日
【別ナカ133、最終案内♪】惚れるは一瞬。惚れ直すは永遠。人間関係が長続きする、中谷流・長所発見法。

 誰もが持ちたいと思っている「やる気」。

 でも、やる気になろうと思えば思うほど、

 なぜかやる気になれないものです……。

 そこで、中谷さんはこうおっしゃいます。

 「やる気ではなく、本気になる。

 本気になれば、厳しさの中に味わい深さを見い出せる。

 惚れるは一瞬。惚れ直すは永遠。」

 世の中全体がサービス化して、私たちは、

 「お客様」扱いされるされることに慣れきっています。

 「お客様」であるかぎり、なかなか「本気」になれません。

 本気とは、理不尽や不条理という厳しさの向こうにあるからです。

 肩肘張って、ねじり鉢巻の「やる気」ではなく、

 毎日淡々と向き合える状態が「本気」。

 淡々と本気になる方法、中谷さんから伺いました。


 ★こんな方にお奨めです♪
 □人の良さに目が行きにくい方。
 □飽きっぽい方。
 □やる気を出そうとしている方。


 ★別ナカ133――7つの学び

 ○「厳しさに触れられれば、長続きする。」(中谷彰宏)

 ○「制約があるから、奥深い世界に到達できる。」(中谷彰宏)

 ○「理不尽と不条理を、サラリーマン生活で学ぼう。」(中谷彰宏)

 ○「やる気ではなく、本気。」(中谷彰宏)

 ○「すこし離れたところから、深さを味わおう。」(中谷彰宏)

 ○「惚れ直せる力を、磨こう。」(中谷彰宏)

 ○「小さな気づきで、惚れ直す。」(中谷彰宏)

 **

 「月ナカ生活」コーディネーター・曽我清美


 ■別冊・中谷彰宏133
 「やる気より、本気を持とう。」――厳しさの快楽を知る恋愛術


 「月ナカ133/別ナカ133」の詳しい内容は↓
  http://www.selfstudy.biz/nakatani/getsunaka133.html
  ▲試聴コーナーが充実していますよ♪

 ・価格:データ版=3800円、CD版=7800円(税、送料込み)

 ★最高45%引き! 定期受講にも!
 「まとめ買いチケット」はコチラ
 → http://www.selfstudy.biz/nakatani/special/kaisuken.html

 ★【パックがお得!】月ナカ生活133パックの内容はコチラ。
 ・月ナカ133+別ナカ133+お好みの月ナカor別ナカをもう1本!
 ・このパック企画は【5月3日正午】までです!
 ・ご希望教材を「備考欄」にお書きくださいね。
  ご記入がない場合は、「キープ」します。いつでもどうぞ!
 ・ご参考:教材一覧
  → http://www.selfstudy.biz/nakatani/itemlist/


 ◆月ナカだより 4月20日(金)

 月ナカ133の最終案内です!

 ■月刊・中谷彰宏133
 「選り好みしない人が、運をつかむ。」――技術より基本を学ぶ教養術

 運は、「縁」から生まれる。

 選り好みして逃さない、中谷流・教養開運術。


 中谷さんは、好きなことに没頭しようとおっしゃいました。

 だから、わたしは選り好みをすることにします――

 もし、こんな解釈をしている方がいたら、それは大きな誤解。

 選り好みはいけません。なぜなら、チャンスを逃すからです。

 「この仕事は、自分には向いていない……」

 「この人、めんどくさそうだからパス」

 こんなふうに選り好みをしていませんか?

 ところが現実は、向いてなさそうな仕事にチャンスがあり、

 めんどくさそうな人が運命の人だったりするものです。

 「運は、縁から生まれる。」と中谷さん。

 運を良くするマインドセット、中谷さんから教わりました。


 ★こんな方にお奨めです♪
 □自分の適性を知りたい方。
 □好き嫌いが激しい方。
 □運を良くしたい方。


 ★月ナカ133――7つの学び

 ○「動転するかどうかで、適性がわかる。」(中谷彰宏)

 ○「奥さんとの会話は、反復が基本。」(中谷彰宏)

 ○「約束事が、教養。」(中谷彰宏)

 ○「好き嫌いを言わないのが教養。」(中谷彰宏)

 ○「品は、基本の積み重ねで身につく。」(中谷彰宏)

 ○「運は、縁から生まれる。」(中谷彰宏)

 ○「チャンスは、嫌いなことにある。」(中谷彰宏)

 ★岐阜県の吉田師匠から、俳句のお便りが届きました!

 **

  月ナカ96を引用させて頂きました

 中谷さんの言葉、「本を読む人は、絞り込める。」

 学生時代は、要約することを学びます。
 社会に出ると、抽出することを学んでいきます。
 自分の美意識や価値観で絞り込み、抽出する。
 それがセンスというものです。

 中谷塾名古屋校 俳句部のお題は、「絞り込んで、詠む」です。

 「古本の昭和の栞菊日和」

  古本に、昭和時代の出版社の、栞が挿んであると懐かしいです。

 **

 わかります! 前の所有者の書き込みがあったりすると、

 かえって、嬉しくなったりします。

 栞や書き込みに、物語を感じられますね。

 吉田師匠、ありがとうございました!

 しごとの自習室 岩部雅美(まちゃ) (*^_^*)

 ※本サイトにてご提供の音声教材聴取にあたっては、
  通信料などご自身の責任にてお願い致します。

 **

 ◎ご注文は、このメールの返信でも承ります。
 ◎配信停止ご希望の際は、
  当店から直接送信されている場合は、
  このメールを【そのまま】ご返信ください。
  まぐまぐで登録されている方は、下記URLでお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000246677.html?l=jrw14e4935

 (C)しごとの自習室 2003-2018
posted by まちゃ at 08:55 | 日記