マイページ | カートを見る | お買い物ガイド | 教材一覧 | お問合せ

2018年09月18日
【不寛容な人の特徴は?】「●●が高いと、不寛容になる。」(中谷彰宏)

 「理想が高いと、不寛容になる。」(中谷彰宏)


 結婚したいのにできない人、それは理想が高い人。

 これは、今までさんざん言いならわされてきたことですが、

 中谷さんの分析は、一味違います。

 「理想が高いと、人は不寛容になる。

 理想像とすこしでもずれると、もうつきあえない。

 理想が高い人は、相手不在。恋愛で寛容性を鍛えよう。」

 理想の追求と寛容性の向上の両輪が、大切なのですね。


 ■別冊・中谷彰宏138
 「不完全なものほど、愛おしい。」――多様性に寛大になる恋愛術


 「月ナカ138/別ナカ138」のお求め・詳しい内容は↓
  http://www.selfstudy.biz/nakatani/getsunaka138.html
  ▲試聴コーナーが充実していますよ♪

 ・価格:データ版=3800円、CD版=7800円(税、送料込み)

 ★最高45%引き! 定期受講にも!
 「まとめ買いチケット」はコチラ
 → http://www.selfstudy.biz/nakatani/special/kaisuken.html

 ★【パックがお得!】月ナカ生活138パックの内容はコチラ。
 ・月ナカ138+別ナカ138+お好みの月ナカor別ナカをもう1本!
 ・このパック企画は【10月3日正午】までです!
 ・ご希望教材を「備考欄」にお書きくださいね。
  ご記入がない場合は、「キープ」します。いつでもどうぞ!
 ・ご参考:教材一覧
  → http://www.selfstudy.biz/nakatani/itemlist/


 ◆月ナカだより 9月18日(火)

 岐阜県の吉田師匠から、俳句のお便りが届きました!

 **

  別ナカ120を引用させて頂きました

  中谷さんの死生観をひと言でいえば「完全燃焼」。
  「働こう。目の前の仕事に、全力投球すればよく眠れる。
  そんな毎日を送っていれば、いい死に方ができる。
  死に方に、生き方が表れるのだから。」

  中谷塾名古屋校 俳句部のお題は、『死に方を、詠む』です。

   「あの世から亡き人盗み踊りけり」
   亡き母に、捧げる一句。

 **

 死生観なんていうと、とても恐い印象を持っていましたが、

 要するに、毎日全力で生きることなのですね。

 お母様を亡くされた師匠の死生観が表れた一句ですね。

 吉田師匠、ありがとうございます!

 しごとの自習室 岩部雅美 (*^_^*)

 ※本サイトにてご提供の音声教材聴取にあたっては、
  通信料などご自身の責任にてお願い致します。

 **

 ◎ご注文は、このメールの返信でも承ります。
 ◎配信停止ご希望の際は、
  当店から直接送信されている場合は、
  このメールを【そのまま】ご返信ください。
  まぐまぐで登録されている方は、下記URLでお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000246677.html?l=jrw14e4935

 (C)しごとの自習室 2003-2018
posted by まちゃ at 13:00 | 日記