マイページ | カートを見る | お買い物ガイド | 教材一覧 | お問合せ

2020年09月01日
【月ナカ162 リリース♪】貧困人生から、お札の肖像へ。樋口一葉に学ぶ、ど根性金銭術。
 5千円札の肖像画といえば、樋口一葉。

 でもなぜ、小説家である一葉が選ばれたのでしょうか。

 樋口一葉は、生涯お金に苦労しました。

 小説を書き始めたのも、懸賞金が狙いでした。

 家長として生活を守るために雑貨屋を始めたり、

 借金を頼みに、知り合いをまわったり、株に手を出そうとしたり。

 そんな「下層」体験が、一葉の文学を開花させたのです。

 24歳で死去。生涯お金には恵まれませんでしたが、

 文学的才能を発揮することができた一葉の人生。

 ど根性で人生を切り開く方法、中谷さんから教わりました。


 ★こんな方にお奨めです♪
 □お金に困っている方。
 □根性を身に着けたい方。
 □仕事を選り好みしてしまう方。


 ★月ナカ162――7つの学び

 ○「女性でお札になったのは、神功皇后、紫式部と樋口一葉。」(中谷彰宏)

 ○「懸賞金目当てで、小説を書き始める。」(中谷彰宏)

 ○「雑貨屋経営で、下層のリアルを見た。」(中谷彰宏)

 ○「株で儲けたという話を聞いて、教えを請いに出向く。」(中谷彰宏)

 ○「源氏物語に、リアリズムを持ち込んだのが一葉。」(中谷彰宏)

 ○「貧乏をネタにして、芸術に昇華させた。」(中谷彰宏)

 ○「選り好みは、潜在的チャンスを逃す。」(中谷彰宏)

 **

 「月ナカ/別ナカ」コーディネーター・曽我清美


 ■月刊・中谷彰宏162「選ばないことで、チャンスをつかめる。」――すべての出会いを縁にする生き方術


 「月ナカ162/別ナカ162」のお求め・詳しい内容は↓
  http://www.selfstudy.biz/nakatani/getsunaka162.html
  ▲試聴コーナーが充実していますよ♪

 ・価格:データ版=3900円、CD版=8100円(税、送料込み)

 ★最高45%引き! 定期受講にも!
 「まとめ買いチケット」はコチラ
 → http://www.selfstudy.biz/nakatani/special/kaisuken.html

 ★【パックがお得!】月ナカ生活162パックの内容はコチラ。
 ・月ナカ162+別ナカ162+お好みの月ナカor別ナカをもう1本!
 ・このパック企画は【10月1日正午】までです!
 ・ご希望教材を「備考欄」にお書きくださいね。
  ご記入がない場合は、「キープ」します。いつでもどうぞ!
 ・ご参考:教材一覧
  → http://www.selfstudy.biz/nakatani/itemlist/


 ◆月ナカだより 9月1日(水)

 別ナカ162のご案内です!

 ■別冊・中谷彰宏162
 「明日を夢見て」「ライフ・イズ・ビューティフル」
  ――辛くても、人生は生きるに値する。


 「人生、つらい…」と思ったら、この映画。

 生きる意味を見出す、イタリア映画鑑賞術。


 「自分の人生は、生きるに値するものなのだろうか」

 そんな問いを、自分に投げかけることもあるかもしれません。

 チャップリンは、こう言いました。

 「この人生は、どんなにつらくとも生きるに値する。

 そのためには三つのことが必要だ。

 それは、勇気と、希望と、いくらかのお金だ」

 でも、ひょっとしたら、この3つも必要ないかもしれません。

 中谷さんの推奨するイタリア映画を2本を観るだけで、

 自分の人生の生きる意味を発見できるからです。


 ★こんな方にお奨めです♪
 □イタリア映画の醍醐味を味わってみたい方。
 □人生がつらいと思っている方。
 □「家族」について考えてみたい方。


 ★別ナカ162――7つの学び

 ○「アメリカ映画は『やればできる』がメッセージ。」(中谷彰宏)

 ○「イタリア映画のテーマは、家族。」(中谷彰宏)

 ○「『明日を夢見て』は、イタリアンリアリズモの名作。」(中谷彰宏)

 ○「誰のモノローグか、何回も観直して初めて気づいた。」(中谷彰宏)

 ○「無駄なことが、最高のものを作る。」(中谷彰宏)

 ○「心の声を実況できる男が、モテる。」(中谷彰宏)

 ○「どんなつらい状況でも、人生は生きるに値する。」(中谷彰宏)

 しごとの自習室 岩部 雅美 (*^_^*) 

 ※本サイトにてご提供の音声教材聴取にあたっては、
  通信料などご自身の責任にてお願い致します。

 **

 ◎ご注文は、このメールの返信でも承ります。
 ◎配信停止ご希望の際は、
  当店から直接送信されている場合は、
  このメールを【そのまま】ご返信ください。
  まぐまぐで登録されている方は、下記URLでお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000246677.html?l=jrw14e4935

 (C)しごとの自習室 2003-2020
posted by まちゃ at 06:48 | 日記