マイページ | カートを見る | お買い物ガイド | 教材一覧 | お問合せ

2020年10月12日
【「映像の詩人」アルベール・ラモリス監督】「フランス映画の根本は、映画●●●●。」(中谷彰宏)

 「フランス映画の根本は、映画ポエジー。」(中谷彰宏)


 『赤い風船』の監督は、「映像の詩人」アルベール・ラモリス。

 「いじめっ子たちによって石を投げつけられて萎んでしまう風船。

 落ち込む少年の元へ、数々のアパルトマンから、風船がふわふわと。

 赤、青、白、黄色、緑。色とりどりの風船が、たくさん集まってくる。

 それを手にした少年は、上空に舞い上がり、飛び立っていった。

 これでフィン。これがフランス映画なんですよ。

 映画ポエジーは、フランス映画の根本。」と中谷さん。

 まさに詩の世界。ぜひ、映像で味わってみましょう。


 ■別冊・中谷彰宏163
 『赤い風船』『五億円のじんせい』――旅行より、旅をしよう。

 「月ナカ163/別ナカ163」のお求め・詳しい内容は↓
  http://www.selfstudy.biz/nakatani/getsunaka163.html
  ▲試聴コーナーが充実していますよ♪

 ・価格:データ版=3900円、CD版=8100円(税、送料込み)

 ★最高45%引き! 定期受講にも!
 「まとめ買いチケット」はコチラ
 → http://www.selfstudy.biz/nakatani/special/kaisuken.html

 ★【パックがお得!】月ナカ生活163ックの内容はコチラ。
 ・月ナカ163+別ナカ163+お好みの月ナカor別ナカをもう1本!
 ・このパック企画は【11月1日正午】までです!
 ・ご希望教材を「備考欄」にお書きくださいね。
  ご記入がない場合は、「キープ」します。いつでもどうぞ!
 ・ご参考:教材一覧
  → http://www.selfstudy.biz/nakatani/itemlist/


 ◆月ナカだより 10月12日(月)

 別ナカ164の課題映画は韓国映画の「目撃者」です。

 殺人犯より怖いのは、一般の市民だとゾッとしました。

 こういう深い人間洞察は、韓国映画の特徴と言えますね。

 ずっしりくる映画でした。詳しくは、以下のサイトでどうぞ!

 ▼映画.com
 https://eiga.com/movie/90439/

 しごとの自習室 岩部 雅美 (*^_^*) 

 ※本サイトにてご提供の音声教材聴取にあたっては、
  通信料などご自身の責任にてお願い致します。

 **

 ◎ご注文は、このメールの返信でも承ります。
 ◎配信停止ご希望の際は、
  当店から直接送信されている場合は、
  このメールを【そのまま】ご返信ください。
  まぐまぐで登録されている方は、下記URLでお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000246677.html?l=jrw14e4935

 (C)しごとの自習室 2003-2020
posted by まちゃ at 15:10 | 日記