マイページ | カートを見る | お買い物ガイド | 教材一覧 | お問合せ

2022年07月10日
【月ナカ184 最終案内♪】「のぼり」の影に、チャンスあり。明治の起業家に学ぶ、七転八倒精神。

 まもなく1万円札の肖像としてお目見えする渋沢栄一。

 彼の活躍した明治時代は、起業の時代でした。

 渋沢自身、500もの会社を立ち上げたと言われていますが、

 全国各地で「小渋沢」が名乗りをあげていました。

 「きび団子」が全国区になったのも、じつは、この時代。

 おなじみの桃太郎の装束で、駅頭に立った事業家がいました。

 幕末、開国によって大量に流入した外国人と西洋医療。

 そこにチャンスを見出した男は「氷商売」に乗り出しました。

 低落が叫ばれる日本ですが、低落も時代の変わり目。

 変化の時代にチャンスを掴む方法、中谷さんから伺いました。


 ★月ナカ184――7つの学び

 ○「桃太郎のモデルは、吉備津彦命。」(中谷彰宏)

 ○「茶人は、マルチクリエイターだった。」(中谷彰宏)

 ○「桃太郎の装束は、きび団子屋のコスプレだった。」(中谷彰宏)

 ○「日持ちしないほうが、価値がある。」(中谷彰宏) 

 ○「東海道五十三次には、氷の幟旗が現れない。」(中谷彰宏)

 ○「最初にアイスクリームを食べた日本人は、勝海舟と福沢諭吉。」(中谷彰宏)

 ○「氷ビジネスは当初、ことごとく失敗した。」(中谷彰宏)

 **

 「月ナカ別ナカ」コーディネーター・曽我清美


 ■月刊・中谷彰宏184「ブランドは、物語から生れる。」
  ――『桃太郎ののぼり』と『氷の旗』

 「月ナカ184/別ナカ184」のお求め・詳しい内容は↓
  http://www.selfstudy.biz/nakatani/getsunaka184.html
  ▲試聴コーナーが充実していますよ♪

 ・価格:データ版=3900円、CD版=8100円(税・送料込)

 ★最高45%引き! 定期受講にも!
 「まとめ買いチケット」はコチラ
 → http://www.selfstudy.biz/nakatani/special/kaisuken.html

 ★【パックがお得!】月ナカ生活184パックの内容はコチラ。
 ・月ナカ184+別ナカ184+お好みの月ナカor別ナカをもう1本!
 ・このパック企画は【8月1日正午】までです!
 ・ご希望教材を「備考欄」にお書きくださいね。
  ご記入がない場合は、「キープ」します。いつでもどうぞ!
 ・ご参考:教材一覧
  → http://www.selfstudy.biz/nakatani/itemlist/


 ◆月ナカだより 7月10日(日)



 しごとの自習室 岩部 雅美 (*^_^*) 

 **

 ◎ご注文は、このメールの返信でも承ります。
 ◎配信停止ご希望の際は、
  当店から直接送信されている場合は、
  このメールを【そのまま】ご返信ください。
  まぐまぐで登録されている方は、下記URLでお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000246677.html?l=jrw14e4935
 ◎本サイトにてご提供の音声教材聴取にあたっては、
  通信料などご自身の責任にてお願い致します。

 (C)しごとの自習室 2003-2022
posted by まちゃ at 12:47 | 日記